商品をさがす

全ての商品

買い物カゴ

商品数:0点

合計:0 円

お会計

メールが届かないお客様へ
会員登録で今すぐ使える100ポイントプレゼント その他の特典はこちら
重要 はじめてご利用の方へ 快適な買い物のため、こちらを必ずご確認下さい。 営業時間 平日/午前9:00~午後5:00まで

営業日カレンダー

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

オレンジ色の日は、お電話やメールでの対応(自動配信を除く)及び配送手配業務がお休みとなります。何卒ご了承ください。

お買い物ガイド

ホーム > 地域でさがす > 甲信越 > 長野県松本市 > 水城漬物工房

水城漬物工房

甲信越・長野県松本市・水城漬物工房の商品一覧

水城漬物工房

昭和20年頃、造り酒屋から漬物屋に

長野県松本市、そのまさしく中心部に位置する大手地区で国宝松本城を背に本店を構える「水城漬物工房」は、明治35年(1902)に造り酒屋として創業。戦後、酒粕を使ったわさび漬を造る漬物屋として本格的に販売を開始したといいます。

昭和24年(1949)にわさび漬が信濃毎日新聞の読者投票で“信州名産15選”に選ばれたほか、昭和42年(1967)には中部9県漬物振興展でセロリー粕漬が“厚生大臣賞”を、昭和46年(1971)、そして昭和57年(1982)には長野県特産振興展においてそれぞれ奈良漬が“農林大臣賞”、山牛蒡味噌漬が“農林水産大臣賞”を受賞。転業以来数十年の努力の成果として、漬物製造業者数が全国有数の長野で大きく知られる存在となっています。
これまでに大切に育んできたこだわりもあるだろうと社長の水城啓一郎さんにお話しを伺えば、意外にも「伝統の味にはこだわらない」とのこと。お客様が求める味を追求し、その時代にあった商品開発を展開することこそが、水城流のこだわりというわけです。

水城漬物工房 【Photo】水城漬物工房の開発精神が凝縮された“おやき”

人気を誇る漬物屋の古くて新しい“おやき”

新しい挑戦、新しい商品開発を続ける「水城漬物工房」ですが、その典型的な事例といえるのが当店でもお取り扱いする“おやき”です。ご存じの通り、おやきは信州の昔ながらの郷土食。小麦粉を練ってつくった皮で、野菜や山菜など調理したあんを包んで焼いた食べ物です。水城さんのお話では、平成17年(2005)から製造・販売を始めたとのことですが、当初からいろんな工夫をされていたとか。そのポイントは…

①【薄皮、具だくさん】⇒ふくらし粉を使い、皮を分厚くするのが従来のおやき。ふくらし粉を使わず限界まで皮を薄くし、具の味をすぐに楽しめるようにした!!
②【腹八分目の味づくり】⇒具が濃厚すぎるとすぐ飽きてしまい、さっぱりしすぎていてもおいしくない。強すぎず弱すぎない味のバランスを徹底的に追求した!!
③【蒸し・焼き・揚げ】⇒通常は焼くか、蒸してつくるが、皮自体のおいしさにもこだわって“蒸し・焼き・揚げ”で仕上げた!!

ほかにも個包装をいちはやく採用するなど、ふるさと信州の味を新しいカタチで提供することに取り組んできた「水城漬物工房」。おいしさへのこだわりがぎゅぎゅっと詰まった「信州村おやき」を当店からご紹介いたします。

水城漬物工房 【Photo】“薄皮、具だくさん“で人気のおやき。写真の具材はあずき。
水城漬物工房 【Photo】ほど良く味付けされた具が溢れんばかりに・・・。写真の具材はねぎ味噌。


現在、商品はございません。